【宅建】スタディングのメリット・デメリットを解説【独学】

せーやです

 

今回は受講者累計50,000人を超えたスタディングのメリット・デメリットを解説したいと思います

過去に宅建を受験した僕の視点で語りたいと思うので、これから勉強を始める方への参考になればいいなと思います

宅建の独学勉強方法についてはこちらをどうぞ

 

 

そもそもスタディングってなに?

スタディングはスキマ時間を有効に使うことに優れたオンライン講座です

短期間で合格した人を徹底分析して開発された学習方法を採用しているので、

仕事で忙しい人」が「短期間」で合格できるようになっているのが特長です

 

 

スタディングのメリット

僕が思うスタディングのメリットは3つですね

①スマホで学習できる
②勉強範囲を絞ることができる
③圧倒的低価格

1つずつ深堀したいと思います

 

スマホで学習できる

これは本当にでかいと思います

みなさんスマホは持っていますよね?

そしてほとんどの方が四六時中スマホをいじっているのではないでしょうか

つまり、現代の人間はスマホをいじることに抵抗がないので、そのまま勉強も抵抗なく行うことができるのです

なぜなら、アプリを開くだけだからです

忙しい人にとって机に向かって勉強するのって結構しんどいですよね

「今日は遅くなったからやめよう」

「なんか気が乗らないから明日まとめてやろう」

 

この積み重ねで勉強をしなくなるのです

そんな問題を解決するのに1番適しているのがスマホ学習なのです

通勤時間や休憩時間、大げさに言うとトイレの時間など、時間がないように見えて1日は数多くのスキマ時間が存在します

トイレに参考書を持ち込むのはめんどいかと思いますが、スマホなら気軽に持ち込めると思います

そんなスキマ時間を有意義に活用するためにもスマホ学習は最適であり、それを可能にしたのがスタディングなのです

 

勉強範囲を絞ることができる

宅建を合格するのに1番重要になってくるのが

どれだけ過去問を解けたか

これに尽きると思っています

宅建は基本的に過去の問題を使い回すか、少し角度を変えてくるかのどちらかです

中には新しい問題もありますが、上記2つを確実に正解することができていれば、新しい問題を落としても合格することは可能だと思います

ただ、僕自身も宅建の勉強している際、ほとんどを過去問の勉強に費やしていましたが

まあまあしんどいです

宅建は50問を2時間で解く試験なので、そもそも問題を解くのに2時間かかります

初めの頃は3時間くらいかかる場合もあると思います

そこから答え合わせをし、見直しをするとなるとトータル5~6時間はかかると思います

学生だった頃の僕は暇人だったので出来ましたが、社会人になった今ではそんなに勉強時間を確保できる気がしませんね

 

そんな問題を解決してくれるのがスタディングの「セレクト過去問集」です

この教材はよく出題されるテーマごとに厳選した過去問を解くことができるようになっています

何回も宅建の試験を受けている方はどんな問題が出るかなんとなく把握できていると思うのですが、初学者は何が何だかわかりませんよね

かといって僕のように過去問を膨大に解いていては時間が足りません

そんな悩みをこの教材で解決することができます

過去問を効率良く解くことが合格への近道です

 

圧倒的低価格

スタディングの「宅建合格コース」の金額は

18,500円(税別)

です

これって凄い安いんですよね

ちなみに大手資格スクールのTACで宅建の講座を受講しようとすると、156,800円(税別)かかります

これを見るだけでもいかに安いかがわかるかと思います

 

しかし逆に、

「安いのはわかったけど質が悪いんじゃないの?」

「安いのは怪しい」

こんな意見が出てくるかと思います

 

しかし、安心してください

質を下げたから安いわけではないのです

スタディングが安い理由は

合格に関係のないことにかかるコストを極限まで削減したから

なのです

これは、教室や大量の講師陣、営業などを削減したとのことです

つまりは合格に関係のある授業や問題集の質は下げていませんよってことですね

なので安心して受講していただいて大丈夫かと思います

さらに12回の分割払いも可能なので一気に払えないという方はこちらの利用もありかなと思います

宅建を取得すれば資格手当をもらえる場合が多いですし、相場が1~3万くらいだと思うので、合格すれば一瞬で元は取れますよ

 

 

スタディングのデメリット

僕のスタディングのデメリットは2つだと思います

①通信制限にかかりやすい
②質問ができない

上記2点ですかね

 

通信制限にかかりやすい

スマホで学習するメリットは本当にでかいのですが唯一の欠点は通信制限ですね

Wi-Fiのある環境下なら気にする必要はないかと思いますが、通勤途中や休憩中に勉強するとなるときついかなと思います

 

これの解決策としては講義動画を事前にダウンロードすることですね

スタディング専用アプリがリリースされていますのでそちらをしようすれば動画を端末に保存することが可能です

 

質問ができない

これは結構しんどいです

僕も独学で勉強していた際に悩んだのが質問する相手がいないことでした

なぜ質問できないことがしんどいかというと、わからなさすぎて全てがどうでもよくなるからです

つまりは挫折します

そこで僕がしていたことが、Yahoo知恵袋で質問することですね

案外質問に答えてくれうので便利でした

ただ、そこでもわからなかった場合は捨てていました

わからない問題に時間をかけるくらいなら多くの問題を解いた方が合格に近づきます

1問捨てても49問解ければ合格します

満点は狙わず合格する事だけを目指しましょう

 

 

さいごに

メリット・デメリットを述べきましたが、正直自分で試してみることが1番だと思います

かといって納得せずに金を払いたくないと思うので、まずは無料体験か初めてみてはいかがでしょうか

スタディングを無料体験してみる

この記事を読んで納得できた方は1日でも早く始めた方が絶対いいです

迷うくらいならとりあえず初めて勉強時間を多く確保した方が今後の人生が豊かになると思いますよ

 

ではまた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です