【推し武道】推しが武道館いってくれたら死ぬ2話のくまささんに泣いた【感想】

せーやです

 

推しが武道館いってくれたら死ぬ

第2話が放送されましたね!

まじ全ヲタクが泣いた回だったことでしょう・・・

早速感想に参りましょう!

 

推し武道に関してはFODの独占配信になっています

1話に関しては無料視聴できますので、とりあえず視聴してみて面白ければ登録するのもありかなと思います

 

 

ヲタクの喜びを体現するくまさ

「岡山Girls Festa」にChamJamが出演するとくまさから報告されるシーンから今回は始まります

岡山Girls Festaとは岡山の女子が全員観客席に集まるビックイベントなのです

そんなイベントにChanが出演するということで高まるえりぴよなのですが、1つ気になる記載事項がありました

 

出演メンバー未定

 

この記載を見た瞬間えりぴよは興味を失います

なぜならこの記載がある場合出演するメンバーは事務所に推されているメンバーが出演する傾向にあり、舞菜が出演する可能性は低いからです

こういう時まじで干されメンバーを推しているヲタクはしんどい思いをするんですよね(白目)

 

くまさは女子に囲まれるのが嫌でえりぴよを誘うのですが、えりぴよは断固拒否

そんなとこに基が現れ「妹の友達が出演するから妹と参戦する」とさらっと勝ち組発言をするのでした

 

くまさの過去が明らかに!

引き続きGirls Festaの話をしていると、見知らぬおっさんがくまさの名を呼びます

そのおっさんの正体は過去に応援していたグループの同士だったのです

ちなみにこのおっさん、聞いてもいないのに自分のことを語るあたりヲタクって感じですよね

このおっさんがきっかけで、くまさの過去が明かされるのです。なぜかえりぴよの口から

 

くまさが応援しているれおは、Chamの前に他のアイドルグループに在籍していたのです。結構いいとこまで行ったインディーズアイドルだったのですが急に解散。そこから地下アイドルのChamに加入したのです。でもくまさは喜んでいるのです。前のグループではずっと端だったれおがセンターになれているのですから。

結局最後はえりぴよと舞菜の話になったのですが、くまさの過去が明かされた瞬間でした

 

くまさは語ります。

誰の1番にもなれないとわかっているので、だからこそれおのことを1番好きで居たいのです」と

 

マジでヲタクの鏡だな!!!

 

ヲタクは場違いなんだよなあ

結局イベントに参加したえりぴよ

しかし参加したイベントは「岡山Girls Festa

周りはオシャレ女子しか居らず、ヲタクの2人は完全アウェイなのです

まじヲタクアウェイの現場はメンタルにきついんだよなあ

現にくまさは精神崩壊しかけています

 

そんな中えりぴよは少し髪型をオシャレにし、ジャージの下には黄色のCham公式Tを来て挑んでます!

 

くっそださい

 

ちなみにくまさは全身ブランド品で固めてきたそうなのですが、それを聞いたえりぴよはドン引きするのでした

 

えりぴよから名言が生まれる

イベントが開催するとヲタクの2人はさらに心にダメージを喰らうのです

周りのオシャレ女子はモデルに声援を送っています

 

  • 雑誌で見るより可愛い
  • テレビで見るより可愛い

 

それに対してChamはというと、

 

  • まともに雑誌に載ったことがない
  • ローカルテレビにしか出ない

 

格差を見せつけられてしまったのです

 

しかし、周りのオシャレ女子が声援を送っている中、ドルヲタが声援を送らないわけにはいきません

 

ドルヲタは推しが出ていない場面でも盛り上がるべし

 

最高の名言ですね!

これを胸にモデルに声援を送るヲタク2人でしたが、周りのオシャレ女子から陰口を言われ落ち込むのでした

親の顔より見た光景である

 

とうとう現れたChamメンバー

ここでようやくChanメンバーが現れるのですが、周りのオシャレ女子が知っているわけもなく、いたたまれない空気になるのです

そこでえりぴよはくまさに「れおの名前を呼んであげてください」と語りかけるのですが、くまさはアウェイの雰囲気にやられ完全に心が折れていました

 

その瞬間逆にれおがくまさを発見し固定レスを送るのです

固定レスとはそのヲタク限定のレスのことです

それを貰ったくまさは喜びの感情が溢れ泣きながられおの名前を叫ぶのでした

 

くまさよ、報われてよかったな

 

その後空音、眞妃が登場し、えりぴよは舞菜登場を諦めるのでした

 

ヲタクの思いが届く瞬間

えりぴよは舞菜が登場しないイベントに数々参加してきたのですが、後悔はしていないのです

なぜなら、参加せずに会えない方が後悔するから

 

今回もそのパターンになるかと思ったその瞬間、スクリーンに「市井舞菜」の文字が! 

そうです、舞菜が登場したのです 

 

えりぴよは気持ちが高まり舞菜の名を叫びます

それに気がついた舞菜を涙を流すのでした

 

えりぴよは自分のことを嫌がって泣いたのかと思っているのですがそうではなかったのです

えりぴよが居たことが嬉しくて泣いていたのです

 

その夜舞菜のブログを読みにやけるえりぴよ

そして窓を開け「舞菜愛してる!!!!」と叫び、母に怒られるえりぴよなのでした

 

 

Chamの裏側公開!

れおからファンレターの返事が来たと喜ぶくまさ

基は驚いていたのですが、えりぴよは興味がない様子

なぜなら、他人のファンサ的なものに反応しないようにしているからなのです

これが干されすぎたヲタクの末路か・・・

 

というよりもえりぴよは舞菜に手紙を出したことがないのでした

 

グッズを梱包するChamメンバー

ヲタクがのんきに話している中、Chamメンバーはグッズの梱包をしていました

今回のBパートではメンバーの裏側が多く描かれていましたね

 

舞菜は唐突にれおに向かって「ファンの人を好きになったことがある?」と聞くのです

それに対してれおは「ないない」と返事します

理由は、「ファンの人たちのことを裏切ることになるから」なのです

まじで全国の地下ドルに聞かせてあげたい一言である

 

それを聞いた舞菜は前回の握手会を思い出すのです

そこに来るヲタクは全て「他に推しが居るヲタク」であり単推しはえりぴよだけたと実感しているのでした

てか舞菜はガチでえりぴよのこと好きなのかな?

 

ちなみに一緒に作業していた文はバイトということで、その場を後にします

地下アイドルはバイトをしながら生計を立てているのです

 

手紙が欲しい舞菜

その後事務所の近くを通った空音がやってきます

空音は自分のファンレを探していました

その様子を見た舞菜は「私ファンレ貰ったことない」と呟くのです

それを聞いたれおと空音は驚きます 

 

そりゃえりぴよから貰ってると思いますよね

いつもは塩対応してしまう舞菜ですが、手紙なら素直になれるので、返信を書きたがっているのです

 

これを聞いた空音は次のイベントで「手紙が欲しい」と言えるような質問を舞菜に振ることを決意するのでした

 

ちなみにその後眞妃とゆめ莉が映るのですが、めっちゃいちゃしてました

 

まさかの百合展開

 

僕的には美味しい展開なのでどんどん移して欲しいですね

 

えりぴよ初のお手紙

イベント当日、空音は約束通り舞菜に質問を振るのです

その振り方が無理やりすぎて笑えました

今月は7月、ということは先月は6月。6月といえば父の日。もし自分がお父さんだとして、だったとしなくても、なにか欲しいものはある?

脈略ぶっ壊れすぎである

 

この質問に対して事情を知らないれおと舞菜以外のメンバーは、ちんぷんかんぷん

そして無理矢理舞菜に話を振るのです

 

舞菜は「お手紙」と言おうとした瞬間、あることを考えて踏みとどまるのです

お手紙なんて言おうもんならえりぴよさんから凄いのが来る」

えりぴよに負担をかけたくない舞菜は長考した結果「短冊」と答えるのです

 

これを聞いたえりぴよは衝撃を受けます

そして横に居たくまさから「短冊ごとあげたり万札に書いたりしないでくださいね」と忠告されるのでした

 

こうして初めてファンレを準備したえりぴよ

えりぴよが準備したのは「短冊100枚」でした

 

愛が重いぜえりぴよ

 

その内容もぶっ飛んでおり

 

  • 毎日健康でいられますように
  • 一生幸せでありますように
  • センター取れますように
  • 同じシャンプー使って同じ匂いになりたい
  • 一緒にお風呂に入りたい
  • 部屋を覗けますように

 

欲望だだ漏れです

その後スタッフに短冊を渡したえりぴよだったのですが、その短冊はスタッフのミスによって、空の彼方へ吹き飛んでしまうのでした

 

そんなこととは知らないえりぴよと舞菜

舞菜は手紙を待ち望んでおり、えりぴよは返事を待ち望むのでした

お互いの夢が叶わないのが切なすぎる・・・

 

 

さいごに

推し武道2話はヲタクなら涙する内容だったと思います

こんなにヲタクの心に突き刺さるアニメはありませんね

3話も非常に楽しみです!

 

ちなみにChamJamのキャラソンミニアルバムが発売されるということで、PV動画も公開されていますよ

みなさんもコールをぜひ覚えましょう!

 

また推し武道が気になった方はFODから視聴してみてください!

 

ではまた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です