【FGO】バビロニア10話はムーチョムーチョだった話【感想】

せーやです

 

今週もバビロニアの感想に参りましょう!

8話以降はゆる〜く展開されているので心が安らぎますね

まだ視聴されていない方は予告からどうぞ!

我らがイシュタル様から予告です

ありがたく聞きましょう

 

前回までの感想もよければどうぞ!

 

見逃した方はAmazon プライムビデオで視聴できますのでこちらからどうぞ

バビロニアを視聴する!

10話を振り返りましょう!

 

 

次なるギルガメッシュの目的とは!?

イシュタルの買収に成功した藤丸は報告のためギルガメッシュの元に戻っていました

藤丸のことを勇者と讃えるギルガメッシュ

そしてイシュタルには恥知らずと罵るのです

 

ギルガメッシュvsイシュタル

いつもならバチバチに戦闘を繰り広げる2人ですが、今回に関しては口喧嘩を勃発させていました

軍門に降ったとイシュタルに対して煽りを入れるギルガメッシュ
それに対して藤丸をすごいマスターにするために契約しただけだと反論するイシュタル

その後もお互い言い合っていたのですが

子供の喧嘩のようで微笑ましいですね

しょっぱなから非常に癒されました

その口喧嘩を止めるシドゥリはお母さんのようでしたね

 

対ゴルゴーンの秘策判明!

幼稚な口喧嘩も落ち着き、話は三女神の問題へと移り変わります

そしてギルガメシュは対ゴルゴーン戦の秘策を発表するのです

その名も・・・

マルドゥークの手斧

この斧はティアマト神の喉を切り裂いたと言われている最強の武器なのです

そしてその斧はウルを超えた場所「エリドゥ」に存在します

 

密林の女神こと「ケツァル・コアトル」

藤丸は密林の女神をジャガーマンだと疑いますが、アナによって完全否定されます

その後アナは次こそはジャガーマンを剥ぐと宣言していました

可愛いアナからの毒舌

たまりませんね

 

そんなことは置いておいてイシュタルからの真の女神の名を告げられます

その名も

ケツァル・コアトル

太陽神であるケツァル・コアトルはロマン曰くゴルゴーンよりも格上の可能性があるとのこと

そんな相手から斧を奪い取ることはできるのでしょうか

ケツァル・コアトルめっちゃ強そうやん

 

 

襲来!ケツァル・コアトル

噂をすればなんとやらと言いますが、ウルクの街にケツァル・コアトルが襲撃しにきました

兵士たちも軽々と投げ飛ばされ絶体絶命のピンチです

 

求婚される藤丸

マシュの蹴りが炸裂しなんとか兵士たちを助けることができました

ゲームでは見れないマシュの体術はアニメならではなので僕はかなり好きです
絶対理解してくれるマスターは多いと思います

マシュの蹴りごときではビクともしないのが太陽神ケツァル・コアトル

さらなる相手が現れて逆にイキイキし始めます

笑顔で語るケツァル・コアトルを見てマシュを恐怖を覚えるのです

普通に考えて満面の笑顔で人を殺すってめちゃくちゃ怖いですよね

 

そんな楽しそうなケツァル・コアトルに対して藤丸は、まっすぐな目線で「なぜこんなことをするのか」と問います

その目線にやられたのかケツァル・コアトルは藤丸に対して

「婚姻してくれたら仲間になる」

と、言い放つのです

 

藤丸ってなんでこんなモテるん??????

イシュタルも完全に落ちてるしやばくないですか?????

モテる秘訣を教えてください藤丸先輩!!!!!!!!

 

ウルクを滅ぼす理由

ケツァル・コアトルがウルクを滅ぼす理由

それは母さんにそうするよう呼ばれたからとのことです

ただ殺す方法に関しては自由なので、ケツァル・コアトルは1人1人丁寧に殺してウルクを滅ぼすことに決めたのです

その言葉を言い放った時のケツァル・コアトルの表情はとても恐ろしい表情でした

そんなケツァル・コアトルは1日に100人までしか倒さないとのことでその場を離脱してしまします

やっぱケツァル・コアトル強いやんけ

 

 

女神退治その2

ケツァル・コアトルが去ったあと見覚えのある変な奴がウルクの兵士を回収していました

ジャガーマン登場その①

見覚えのある変な奴とはジャガーマンでした!!!!

そんなジャガーマンに対してアナは躊躇もなく宣言通り剥ぎ取りに挑みます

アナの攻撃は見事命中し頭からを血を吹くジャガーマン

しかし誰もそれについて触れることもなく淡々と話は進み、ジャガーマンはウルクの民を持ち去ってしまいました

ジャガーマンの扱いが雑すぎて笑えます

 

密林を超えエリドゥへ!

ジャガーマンなど居なかったかのようにギルガメッシュとの対話が始まりました

ケツァル・コアトルの襲撃によりウルクの民は南の市場から離れてしまい、それを受けシドゥリは秘密工作の進捗を心配しています
秘密工作なんて初耳の藤丸たちはギルガメッシュに質問しますが、しらを切られてしまいました

嘘つくの下手なギルガメッシュ可愛いね

 

ケツァル・コアトルに対して正直成す術のない藤丸たち

彼らが決断した作戦は、

本拠地を叩くことでした

シンプル・イズ・ベストとはこのことですね

ギルガメッシュから陽気に託された任務は、

  • エリドゥでのケツァル・コアトルの打倒
  • マルドゥークの手斧の回収

この2つでした

ジャガーマンほんとすき

 

 

藤丸が決めたケツァル・コアトルの秘策

エリドゥへの道中で不安な様子を見せるマシュ

話し合いは不可能だと言い切ります

そこでマーリンは話し合いの余地はあると進言します

藤丸はどのような手段を選ぶのでしょうか?

 

スーパーイシュタルタイム到来!!!

現段階でのヒロインであるイシュタルのメインシーンが今回も存在しましたね

アニプレックスさんありがとうございます!!!!!!!!

イシュタルから、ケツァル・コアトルが善なる神であり、悪性の攻撃しか効かないとの忠告がありましたが、そんなことはどうでもいいのです

 

  • 弱みを見せるイシュタル
  • 友達ができて喜ぶイシュタル
  • フォウにペチペチされるイシュタル
  • 藤丸の名を呼ぶ際に照れるイシュタル

すべてが可愛かったですありがとうございます

 

ジャガーマン登場その②

夜が明けエリドゥに向けて密林を横断する藤丸たち

そこに現れたのはジャガーマンでした!!!!

 

が、藤丸たちにガン無視されてしまします

マシュだけ微妙に反応していましたが、その姿が非常に尊かった

 

ようやく相手をしてもらえたジャガーマンですが、イシュタル攻撃されるなど踏んだり蹴ったりな場面が続きます

そんなジャガーマンは、ケツァル・コアトルの仲間ではなく、はぐれサーヴァントであることが判明するのです

それを聞いた藤丸はジャガーマンを仲間にするべく謎の口説き文句をジャガーマンに言い放ちます

仲間になんてならないと言っていたジャガーマンでしたがものの数秒で仲間入りしました

おたく並みにちょろい

その後もマシュの威圧を受けたり、アナに殺すと連呼されたりと散々なジャガーマンでしたが、頼もしい?仲間が増えた藤丸たちでした

 

選ばれたのは話し合いでした

ジャガーマンの案内のもとエリドゥに向かう藤丸一行

その道中で殺されたはずのウルクの民と出会うのです

ジャガーマン曰く、

ケツァル・コアトルは即死級の攻撃のあと、即死級のリバイブをかけている
命をかける覚悟をした人間しか殺さない

その結果ウルクの民は捕らえられてはいるものの、命は助かっているのです

 

そんなケツァル・コアトルの真意を目の当たりにした藤丸は、話し合いで解決する道を選びます

しかし言葉では話し合いをしないとのこと

つまりは拳と拳のぶつかり合いになると思うので、来週は熱いバトルが見れそうですね!

来週は激アツな展開になりそうです!

 

 

さいごに

今週も話は進展しつつも、笑える素晴らしい回だったと思います

来週はケツァル・コアトルとの激闘が繰り広げられることでしょう

そんな形で話し合いをするのかとても楽しみです!

 

ではまた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です