【コツ】ラジオでメールが採用される方法はとりあえず送ることです【初級編】

せーやです

 

みなさんはラジオを聴いていますか?

僕は声優さんが出演しているラジオを中心に聴いているのですが、アニメの裏話や声優さんの想いなど聴けて、とても楽しんでいます

ラジオは聴くだけでも楽しいのですが、メールを送るとより楽しめます

なぜなら、ラジオ製作の一部に携われるからです

自分のメールが採用されて話が盛り上がった時は非常に嬉しいですね

さらにたくさんメールが採用されると名前を覚えてもらうこともできます

推しに覚えてもらえることほど嬉しいことはありませんよね(認知厨)

とはいえ、

 

「どーせ読まれないから送っても無駄」

「何を送ればいいかわからない」

 

こんな意見が出てくると思います

今回はそんな方向けに、メールが採用されるコツを教えていきたいと思います

目次

1、とりあえず番組にメールを送ろう

2、メールの書き方例(画像付き)

3、読まれやすい文章構成とは

   ①文末は質問で締めよう

   ②感想は簡潔に

   ③適度に改行しよう

4、「初投稿」とかいう最強のワード

5、さいごに

    

   

1、とりあえず番組にメールを送ろう

正直これに尽きます

メールを読まれたいならとりあえず送るしかないです

僕自身も送り始めた頃は驚くほど読まれませんでした

しかし、なぜ読まれないのか考えたり、読まれている方のメールを分析することによって、少しずつ読まれるようになっていきました

 

送らない限り検証できないのでとりあえずメールを送ることが大切です

アニメの感想を送るのもいいですし、日頃感じた日常的なものでも構いません

気軽にメールを送ってみることをオススメします

ちなみに僕はこれくらいのペースで番組にメールを送っています

 

 

2、メールの書き方例(画像付き)

基本的にこの形でいいかなと思います

「To」の部分に宛先、「件名」の部分にコーナーの名前を記載してください

また、住所などの記載を求められる番組がありますが、その場合は本文の後に記載しましょう

この形に沿ってメールを作ればスタートラインには立てるかと思います

 

 

3、読まれやすい文章構成とは

ここからはメールを採用されるための初歩的なコツを教えたいと思います

僕が思うコツは以下の3つです

 

①文末は質問で締めよう

②感想は簡潔に

③適度に改行しよう

 

1つずつ深堀していこうと思います

 

①文末は質問で締めよう

これはメール職人がもっとも使用するテクニックです

実際に僕もめちゃくちゃ使ってます

※参考までに

 

なぜ質問で終わらせるかと言うと、パーソナリティに話題を提供するためです

主にふつおたの目的は、メールを通してパーソナリティがお話をすることです

その目的を満たすメールとは「話題提供がされているメール」です

それを手っ取り早く満たすのが質問なのです

 

しかしただ質問を投げかけるだけでは文章的におかしなことになるので、1クッション置いてから質問するようにしましょう

例えば、アニメの感想や日々の出来事ですね

 

  

②感想は簡潔に

アニメのラジオ番組では当然ではありますがアニメやイベントの感想を募集しています

自分の好きな作品なので長々と語りたくなる気持ちはわかりますが、そこは一旦落ち着いて、簡潔な文章を心掛けましょう

※参考までに

いろいろ詰め込むよりも1つに内容を絞ったほうが濃い内容になるので採用確率が上がると思っています

さらに分けて送ったほうがネタも増えますしね笑

 

 

③適度に改行しよう

まずはこちらをご覧ください

どうですか?

めちゃくちゃ読みにくくないですか?

改行の数が少ないので文字が固まりすぎています

 

パーソナリティーの方は基本的にぶっつけ本番でメールを読むため、作家さんは読みやすいメールを選ぶ傾向にあります

なので適度に改行をし読みやすいメール文を作成しましょう

※参考までに

また、読みやすいメールに付随して1つ補足しておきます

難しい漢字を使う場合は読み仮名を記載しておくといいでしょう

パーソナリティーの方の配慮にもなるので印象は良くなります

 

 

4、「初投稿」とかいう最強のワード

メールには禁断の一手があるのをご存知でしょうか?

それは…

「初投稿です」

 

この言葉を本文の最初に付け加えるのです

これだけで採用率はグッと上がります

やはり常連さんよりも初見さんの方が読まれやすいんですよね

なぜなら、新規を取り込みたいからです

 

常連さんと初見さんが同じ内容のメールを送っていたとするなら、確実に初見さんのメールが採用されます

なので、初見アピールをするためにも「初投稿です」を文章に入れることをオススメします

ただし、1回読まれたことがあるのにも関わらず「初投稿」アピールをすると作家さんに干されてしまうので多用するのは辞めましょう

何回も読まれたいのであれば頑張ってメールを送り続けましょう

 

 

5、さいごに

いかがでしたでしょうか

少しでも参考になってメールを送りたいと思っていただけていれば幸いです

冒頭でもお伝えしましたが、送らなければ読まれません

面倒くさがらずちまちまメールを送りましょう

続けていれば必ずメールは読まれます

メール投稿をしてよりラジオを楽しみましょう

 

ではまた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です